今や必ず要求される職務経歴書の書き方

Job chen

職務経歴書について

最近の面接では、履歴書と一緒に職務経歴書を提出するのが普通となっています。
理由としては、中途採用の方などに、実務の能力を期待して面接をしているからなのです。
履歴書だけでは、前職の事を詳しく知る事ができませんので、職務経歴書も一緒に提出をして貰って経験や、能力などを見ているのです。会社設立したら中途採用の人材は即戦力が期待できるので職務経歴書には十分目を通しておきたいです。
職務経歴書は、履歴書のように決まった書式と言うのがありません。ですので、職務経歴書を書く人の表現力なども試されたりもするのです。

作成の手順

素材を集める 矢印集めた情報を整理する 矢印 編集 矢印内容の確認

材料集めが大切

  • 今までの会社はどんな所で、どのような仕事を実際に行ってきたのか
  • 今まで経験をしてきた事で、自分にプラスになったこと、など
  • 自分の個性などで仕事にどのように影響をしてきたのか
  • 仕事の資格や、表彰された事、特技など

記載する内容

  • これまで働いていた会社について
  • 主に行っていた仕事の内容
  • 上記の仕事内容で自分にプラスになった事
  • 取得したスキルや資格
  • 成績・実績・役割
  • 思い出に残っている事
  • 前職を退職した理由
  • この会社を志望した動機

一般的な編集のパターン

編年体式

年で業務の内容などをまとめていくやり方です。
年月が見出しとなっていますので、ベテランと言う事を伝える為には有効な方法となります。
ですので、経験が浅い人は、別の項目も作らないといけません。

キャリア式

今までの経験をそれぞれの分野で分けて書いていきます。
沢山の分野での経験がある方はこの方法が向いていると思います。

※これらは、一部の編集の方法で、アピールするポイントなどで人それぞれ変わってきます。自分の一番いいアピール方法も考えてみましょう。

作成のポイント

どうやって作ろうかと長時間考えるよりも、何をどのように書いていくのかを考えた方がいいです。
今まで自分はどのような仕事をしてきたのか、会社側はどのような人材を求めているのかなどを考えてみましょう。
職務経歴書は、箇条書きで簡潔に書くようにするのもポイントです。
職務経歴書を見て、どのような分野の仕事をどのくらいやってきたのかが相手がすぐに分かるように書きましょう。
また、業務の内容や、実績などは具体的に書くようにしてアピールしてきます。
普通A4サイズの紙に横書きで書いていきます。枚数としては、1〜2枚程度ぐらいが良いです。
基本的にパソコンやワープロなどで作成をしていきます。
挨拶状を添える事を忘れないように気を付けましょう。
また、コピーも取っておくといいですね。

check

ビジネスアシスト

2019/1/25 更新

▲ページトップ

Copyright (C) 2008 Job chen. All Rights Reserved.