転職には断固として揺るがない心が必要です

Job chen

転職のテクニック

妥協できない条件はしっかりと持っておく

ただ転職をしたいと考えていては、上手く転職をすることはできません。
自分は何がしたいから転職をするのか、どういった理由で転職をするのかをしっかりと持っていないといけないのです。
また、転職の為の条件をいくつも挙げてしまってはすべてに当てはまる転職先を見つける事は難しくなります。
ですので、いくつかの転職の条件を挙げたら、その中から妥協する事ができる条件も分けておきましょう。
そうすれば、この条件なら妥協できるとか、これは妥協する事ができないなど、自分の転職先を明確にする事ができるのです。

条件は、働くスタイルや、触手、給与や、時間帯、休日、勤務地など、人それぞれ上げる条件は違ってくるかとは思いますが、このような事柄が多いのではないかと思います。
そんな中で、譲れない条件をピックアップして、それをさらに細かく条件付けをしても良いのではないかと思います。
例えば、休日は週休2日で土日は休みじゃないとダメだとか、給料は18万円以上無いとダメだとかを決めていくといいでしょう。
ですが、あまりにも厳しすぎる条件だと、転職先を探すのが難しくなってしまいます。
ですので、妥協点も同時に上げていくといいでしょう。

求人広告はしっかり見る

仕事を探すときに利用するのが、求人広告ですよね。
今は、至るところに求人広告があります。ネットで見る事もできますし、新聞や、無料の雑誌などもあります。
しかし、求人広告は狭い範囲に色々と書かれていて、何を見ればいいのか分からなくなってしまいます。
ハローワークに行って求人を見ると、大きな紙に細かく色々と書かれていますので、いろんな情報を得る事ができます。しかし、他の例えば、無料の求人雑誌などでは、小さなスペースに必要最低限のことしか書いていません。

しかし、この小さなスペースには大事な事がきちんと書かれていますので、それを見落とさないように、また、これらをしっかりと理解する事が出来るようにしておきましょう。

何を見ればいいのか?

まず見るものは、仕事の内容です。仕事の内容が分からなければその会社に行く事も出来ません。
内容が分かったら、次に応募資格を見ます。ここで自分が応募資格に外れていたら意味がないですからね。
ですが、応募資格から少ししか外れていなければ、あきらめる必要はありません。例えば、年齢が25歳までとなっていても自分は26歳だったとします。このような場合はあきらめたらもったいないですよね。もしかしたら、あなたの情熱が伝わって合格するかもしれません。しかし、資格などが条件なら難しいかも知れません。

次に、勤務地や、契約形態、給料などを見ていきます。
そして、自分の条件に合うのかどうかを判断していくのです。
あとは、自分の条件で譲れない部分をしっかりと確認していくといいでしょう。
この中からはわからないような事(待遇や社員研修など)は電話か、面接の時に直接質問をするようにするといいでしょう。

問い合わせから面接が始まっている

★お気軽にご連絡下さい(担当:○○)
★電話連絡の上、履歴書をお持ちください(採用担当:□□)

求人広告ではよく見る文章だと思います。

気軽にと書かれているからと言って、本当に気軽に電話をしてしまっては大変な事になります。
電話をする時には、きちんとこの仕事の内容に興味があったり、質問をしたいときにしておいたほうがいいでしょう。

ですが、もし、本当に気になる会社なら一度問い合わせをしてみて、どのような会社なのかを少しでも知っておく事は必要なことです。
面接に行く前に電話をしておけば、本当に自分がやりたい仕事でいい会社なのかがある程度分かると思います。

電話する前に用意するものとして

  • 会社の求人広告が載っていた情報源
  • 自分のことを説明できるもの。履歴書など
  • メモ用紙と筆記用具、カレンダー
  • 事前に質問事項を記入したメモ用紙など

電話の前には必ず自分が聞きたい事や、伝えておきたい事をまとめてから電話をするのがマナーとなります。
きちんと聞きたいことなどが整理されていない状態で電話をしてしまうと、無駄に電話の時間が長くなってしまって相手にとって迷惑となってしまいます。
電話を取った人や、担当者も仕事中ですので、今やっている仕事を一時中断をして電話をしているのだと言うことを忘れないようにしてください。

!!

質問しにくい事を聞くときの切り出し方

「聞きたいけど聞けにくい事って結構大切なことだったりもします」

希望の会社が見つかって、いざ面接になったときに、自分が知りたいことで、給料の事や社員研修、賞与や勤務地の事などってなかなか聞きづらいところもあります。社員研修で会社に貢献するためスキル・経験値を獲得したいですからね!!

ストレートに聞いて相手が引いてしまっても困りますし、遠まわしに聞いて相手に気づいてもらえない事もあります。
ですが、聞きたいことはしっかりと聞かなくてはいけません。
この聞きにくいことを聞くためには、タイミングが重要です。話の流れで今がチャンスだと思ったら躊躇せずに質問をするようにしましょう。

質問をしたい気持ちはわかりますが、始めから質問ばかりしてはいけません。
まずは、相手の話を一通り聞くようにします。
そして、最後のほうでまとめて質問をするようにすれば、もしかしたら、説明の部分で自分が聞きたかったことの説明があるかもしれませんからね。

特に給料や社員研修の面は大変気になるところでもあります。
しかし、そのまま給料はどのくらい見込めますか?などと聞いては、働いてからの能力次第だと言うように、かわされてしまいます。
ですので、どのくらいのスキルや、資格を取得すればこのくらいの金額になるのかと言うように、これからの仕事の意欲を見せながら質問をするといいでしょう。
ですが、遠まわしすぎる質問はNGとなりますので、気をつけてください。

休みについても気になりますよね。
しかし、今から仕事をするかもしれない人がいきなり休みはどのようになっていますか?と聞いてしまうと、仕事に対してのやる気などが見えなくなってしまいます。そうなると印象が悪くなりますよね。
ですので、仕事はもちろん頑張るけど、休みで家族と過ごす時間も知っておきたいなどと、何かの理由などと一緒に質問をしてみるといいのではないかと思います。

recommend

青山 美容室
http://www.lauleas.com/

最終更新日:2017/1/24

▲ページトップ

 

Copyright (C) 2008 Job chen. All Rights Reserved.